こんにちは、武田塾柏校です。

今日は筑波大学[社会・国際学群、人文・文化学群、生命環境学群、情報学群、人間学群]地理の出題傾向と対策をまとめてみました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【出題傾向】
試験時間120分
大問4題

各大問それぞれ400字の論述形式での出題です。
資料問題からの出題も多く、2014年度は4題中3題が資料問題からの出題でした。
論述の文字数は多いですが、テーマとしてはクセのある問題はあまりみられない。
「地形図の読み取り」「人口問題」「世界地誌」「気候」「地球環境問題」「都市問題」などの分野が頻出です。

【対策】
1題の設問中に複数の指示があるため、バランスの取れた論述が求められます。400字のバランスをみながら書くことが必要です。
また、筑波大学に在籍している教授が研究している分野に関する問題も多くみられので、余裕があれば確認しておきましょう。
論述問題は慣れが大切なので、多くの問題演習を積み、さまざまな分野について説明する訓練を積んでいきましょう。

その他の学部学科の対策や合格最低点についてはこちらをご覧下さい。

photo4 (4)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちら

もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒柏校の無料受験相談のご予約はこちらです♪
「完全独学マニュアル」をプレゼント中!

-----------------------------------------------------------------
柏・松戸・我孫子・取手の逆転合格専門個別指導塾【武田塾柏校】
〒277-0852
千葉県柏市旭町1-1-2 YK-7ビル 7F
(常磐線/東武野田線柏駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
Mail:kashiwa@takeda.tv
武田塾ホームページこちら