こんにちは、武田塾柏校です。

今日は、筑波大学[社会・国際学群、人文・文化学群、生命環境学群、情報学群、人間学群]日本史の出題傾向・対策についてまとめてみました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【出題傾向】
試験時間120分
大問4題

大問全て、4つの指定語句を用いる400字の論述問題です。
論述のテーマとしては基本的なテーマが問われ、難易度としては標準レベルです。
例年、Ⅰが古代、Ⅱが中世、Ⅲが近世、Ⅳが近・現代と全範囲から偏りなく出題されています。テーマ史の問題はほぼありませんが、出題される事項はある時代のの変遷や意義など広い視点から論述しなければならないような問題が多く見られます。
また分野も社会史、文化史、政治史、経済史、外交史と満遍なく出題されています。

【対策】
標準的なテーマに関する出題がほとんどですが、字数が400字とかなり多めなので、時間内に的確に書けるよう、かなりの問題演習の積み重ねが必要です。初めは、教科書からの丸写しとかでも書いてみることが大切です。
重要語句の暗記のみではなく、歴史事項の背景や原因、歴史的意義なども意識しながら学習しましょう。

その他の学部学科についてはこちらをご覧下さい。

photo1 (13)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちら

もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒柏校の無料受験相談のご予約はこちらです♪
「完全独学マニュアル」をプレゼント中!

-----------------------------------------------------------------
柏・松戸・我孫子・取手の逆転合格専門個別指導塾【武田塾柏校】
〒277-0852
千葉県柏市旭町1-1-2 YK-7ビル 7F
(常磐線/東武野田線柏駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
Mail:kashiwa@takeda.tv
武田塾ホームページこちら