こんにちは、武田塾です。

今日は、筑波大学[生命環境学群、医学群、理工学群、情報学群、人間学群]化学の出題傾向・対策をまとめてみました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【出題傾向】
試験時間60分
大問3題

例年理論・無機から2題、有機から1題の出題。
毎年、論述問題からの出題も多く、制限字数も増加傾向にあります。2014年度の入試問題では、90字という字数の論述の出題がありました。
年度によって、難易度にばらつきがあります。
2014年度はやや易しめの問題から標準レベルの難易度の問題からの出題でしたが、試験時間に対する問題数は多めでした。

【対策】
基本的な問題も多いため高得点での争いになります。基本的な計算ミスや化学式の記載ミス等が結果に大きく影響してきます。正確な記載や、確実な計算を心がけましょう。
2014年度は難易度は高くありませんでしたが、年度によっては難易度が高い年もあるので油断はせず応用力・思考力ももちろん鍛えておきましょう。

その他の学部・学科についてはこちらをご覧下さい。

photo2 (11)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちら

もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒柏校の無料受験相談のご予約はこちらです♪
「完全独学マニュアル」をプレゼント中!

-----------------------------------------------------------------
柏・松戸・我孫子・取手の逆転合格専門個別指導塾【武田塾柏校】
〒277-0852
千葉県柏市旭町1-1-2 YK-7ビル 7F
(常磐線/東武野田線柏駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
Mail:kashiwa@takeda.tv
武田塾ホームページこちら