こんんちいは、武田塾柏校です。

今日は東京理科大学工学部数学の対策・出題傾向をまとめてみました。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【出題傾向】
試験時間100分
大問3題
1題目はマーク形式、2・3題目は記述形式です。

数Ⅲからの出題が多く、数列・二次関数・図形と式の計算からの出題が目立ちます。
大問ごとに小問がやや多めです。

【対策】
大問2・3問の記述形式の問題では論証問題も目立つため、答案作成力を養っておく必要があります。
微分積分が頻出で、必ず記述形式で出題されます。難易度の高い思考力を要求される問題が度々みられるので、浅い理解だけでは対応しきれないでしょう。
小問集合ではレベルとしてはそれほど高くないですが、煩雑な計算が多いので、計算スピードと計算力が求められます。

東京理科大学工学部の合格最低点・受験動向についてはこちらをご覧下さい。
他学部・他学科のの受験動向や対策についてはこちらをご覧下さい。

photo1 (5)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちら

もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒柏校の無料受験相談のご予約はこちらです♪
「完全独学マニュアル」をプレゼント中!

-----------------------------------------------------------------
柏・松戸・我孫子・取手の逆転合格専門塾【武田塾柏校】
〒277-0852
千葉県柏市旭町1-1-2 YK-7ビル 7F
(常磐線/東武野田線柏駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
Mail:kashiwa@takeda.tv
武田塾ホームページこちら