こんにちは、武田塾柏校です。

今日は、東京理科大学理学部の数学の対策と出題傾向についてまとめてみたいと思います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【出題傾向】
試験時間は100分。
大問は3題。1題目は小問集合のマーク式、2・3題目は記述式構成。

全範囲からまんべんなく出題されますが、数Ⅲ中心の問題の出題傾向が強いです。なかでも「微分・積分」「確率」の問題が頻出です。
解法の理解は前提とされ、それらを応用する力が問われます。
計算量の多い問題が非常に多いことも特徴です。
全体的に奇問・難問は少ないですが、数学科専用の数学問題の難易度は極めて高く、複雑な計算や図示問題や論証問題等もあり、時間に対する分量は多めです。

【対策】
マーク式の問題では、誘導にうまく乗ることが大事になります。計算は煩雑なため、はじめのミスが最後までつながってしまいます。ケアレスミスがないように気をつけましょう。典型問題であっても、とにかく計算量が多いので、計算力を高める訓練が必要です。また、問題量も多いため、計算スピードを磨く必要もあります。計算力を高めるためには、まず解法パターンを覚えることが大切です。
微分・積分は出題率が高く、配点も高いため、特に対策が必要な分野です。
問題演習では、模範解答の完全再現を目指した勉強法がおすすめです。ただ、解法暗記だけでは解けない問題も多いため、公式の導出手順や原理の理解も重要です。

東京理科大学理学部の合格最低点・受験動向についてはこちら
東京理科大学理学部の数学必勝ルートこちら
東京理科大学の対策まとめ
こちら

「現役理科大生による東京理科大講座」は全部で6回!
全部読んで理科大に受かるイメージを膨らませよう!
vol.1 | vol.2 | vol.3 | vol.4 | vol.5 | vol.6

photo3 (1)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

あなたもできる武田塾「逆転合格の勉強法」を教えます
必勝勉強法こちら

もっと詳しく知って逆転合格したいあなた
⇒柏校の無料受験相談のご予約はこちらです♪
完全独学マニュアル」をプレゼント中!

-----------------------------------------------------------------
柏・松戸・我孫子・取手の逆転合格専門塾【武田塾柏校】
〒277-0852
千葉県柏市旭町1-1-2 YK-7ビル 7F
(常磐線/東武野田線柏駅より、徒歩30秒!)
TEL:0120-788-711
Mail:kashiwa@takeda.tv
武田塾ホームページこちら